美味しいコーヒーの淹れ方

ハンドドリップによるコーヒーの淹れ方編

{用意するもの}

コーヒー豆・ミル(グラインダー)・ケトル・ドリッパー・サーバー・ペーパー(フィルター)・スケール・コーヒー豆計量スプーン・カップ(人数分+廃油用)・タイマー

:ミルがない方はお店で豆を挽いてもらう(この時ぺーバー用でと伝えましょう)

①サーバーとカップにお湯を入れ温めておく。

②豆を挽き、お湯を沸かし、ドリッパー・サーバー・フィルターをセット(サーバーの湯はこの時に捨てましょう)

③フィルターに挽いた豆(粉)を入、ドリッパーを左右に振りながら淵を軽く叩き粉の表面が平らになるようにする。(粉内にある空気を取り除きお湯を注ぎやすくすることが目的です)
④お湯はゆっくり注ぎコーヒーの液体がポタポタとサーバーに落ち始めたら注ぐのをやめ30秒ほど待つ(蒸らしを行う)
⑤その後お湯を注ぐときは「のの字」を描くようにゆっくりと3~4回に分けてお湯を注ぐ(ペーパーにはお湯をかけないように注意)
⑥ドリッパー内のお湯を最後まで落とさない!
(フィルター内にお湯が残っている状態で取り外すことです)

市販のコーヒーメーカー編

① 付属の計量スプーンでコーヒー1杯に対してスプーン1杯分の挽いた豆(粉)をフィルターに入れる。

②フィルターに入れた粉の表面が平らになるようにドリッパーの淵を軽く叩く。
③電源ON。 その後サーバーにコーヒーの液体がポタポタと落ちてきたらここで一度電源OFF。
30秒待って再度電源ON(蒸らし機能が付いている商品は必要ありません)
④ ドリッパー内のお湯を最後まで落とさない。

:煮立ってしまうとコーヒーはマズくなってしまいますのでサーバーはコーヒーメーカーから外してしまいましょう。

白いコーヒーカップ