ホンジュラス

ホンジュラス ミゲルエンジェル農園

Honduras Miguel Angel Plantation

S COFFEE ROASTERS 豆の紹介

 

 

:焙煎度 中煎り
:精製法 ウォッシュド
:標高  1450〜1600m
:品種  アラビカ種カツアイ(100%)

 

 

 

 

 

 

 

ホンジュラスの内陸に位置するレンピーラ県。太平洋とカリブ海の真ん中に位置するこの地域は、マイクロクライメイトと呼ばれる特別な気候変動により、素晴らしいコーヒーが生み出されるエリアとして知られています。 急勾配な火山灰の土壌に、コーヒーツリーがどっしりと植えられ、ホンジュラスでは最高峰の1500mを裕に超える素晴らしい栽培環境にミゲル・エンジェル氏の農園はあります。 農園があるモンテデラビルヘン村という小さな集落に農園主のミゲル・エンジェル氏は4人の家族と生活しています。
ミゲル氏が幼少の頃の30年前に、この地に移住し、父親から譲り受けた土地を5Haの農地へと拡大させ、現在は、長男のチャベス氏がミゲル氏の全面的なサポートを行い、家族5人で農園を運営しています。 2000年以降にIHCAFEや輸出業者の指導の下、高品質コーヒーの栽培に特化し、カップオブエクセレンス入賞を目標に、品種の選択や精製方法や乾燥方法を見直してきた。 2012年には念願のCOE入賞を果たし、スペシャルティコーヒーの生産者としての地位を確立してきました。