ケニア

ケニア マサイAA

Kenya Masai AA

 

 

 

 

:焙煎度合 中深煎り
:精製方法 ウォッシュド
:標 高  1,600~2,000m
:品種   主にSL28SL34

 

 

 

 

ケニアのコーヒー栽培 は19 世紀終わりごろ始まりました。 標高1500~2,000mという高地、かつ肥沃な火山灰土壌(高品質コーヒーが生育されやすい環 境)でケニアのコーヒーは栽培されています。また、赤道直下のため通年収穫が可能です。5~7月の フライクロップ(主に標高が低いところで収穫)、9~12月のメインクロップ(主に標高が高いところで 収穫)があり、 コーヒー生産者は赤い果実を収穫し果実のまま加工業者へ受け渡します。同じ場所・同じ工程でチ ェリーから生豆まで仕上げているので品質安定化につながっています。各小農家で精選せず、一括 しておこなうことは品質安定面ではとても重要なことです。このような環境により高品質なケニアコー ヒーは作られています。